ページ内を移動するためのリンクです。

事業計画

年度別事業計画

平成27年度の状況

設立5年目を迎え、これまで以上に参加者への影響力や関わり合いの深さを重視した自主事業に力を入れてまいりました。
特に、本年度より文部科学省の後援事業としても承認いただいた『USF Sports Camp』を中核事業と位置付け、合計5回の実施をおこないました。
その他にも継続事業の内容充実と実施規模の拡大を図ったほか、企業タイアップの企画も増え、バラエティに富んだ企画を実施することができました。


1. 平成28年度の方向性

子どもたちのスポーツ経験に応じ、様々な角度からスポーツに触れる機会を提供し、スポーツ普及振興のみならず教育的視点からスポーツの持つ力を活用し、健全な社会の醸成に貢献してまいります。特に日常的にスポーツをしていない子どもたちに興味喚起できるようなプログラム開発をおこない、行政機関・教育機関との連携を強化してまいります。
また、現状は小学生中心である活動対象を未就学児にも広げて活動いたします。

2. 事業内容

自主事業

財団の主要事業として、子どもたちにスポーツに触れる機会を提供し、身体を動かすことの楽しさを伝えスポーツ人口の裾野拡大を図る。

USFスポーツキャンプ
トップアスリートの直接指導で様々なスポーツを体験し、競技の多様性に触れることで自身の能力や興味に気づきを与えるとともに、同年代だけでなく年齢や国籍の異なるスタッフとの共同生活やアクティビティを通じて主体性、自主性、協調性などソーシャルスキル向上並びにグローバルな人材育成を図る。
USFおやこスマイル教室
プレゴールデンエイジ前期の子どもたちに、親子で身体を動かすことを楽しみ、豊かなコミュニケーションを築けるプログラムを提供し、基礎動作の発達に役立てる。また、医療などの専門的な見地から子育てのアドバイスを図る講座を開催し、正しい知識の習得や保護者同士のつながりを築く機会を創出する。
ナカマカイ(Nā Kama Kai)
ハワイ発祥の子どもたちに海の安全と環境保全の意識向上を伝えるプログラム。様々なマリンスポーツ体験や着衣泳のレクチャー、ビーチクリーンなどを通じて、マリンスポーツ振興を目指しながら、海の偉大さと自然への尊敬と感謝の念を実感させる。
BOKSプログラム
アメリカ発祥の子ども向け知育運動プログラム。
引き続き、教育機関や地域のスポーツクラブ等と連携し、地域に根差した運動プログラムとして、体験会や研修会をおこない普及促進を図る。

共同事業

企業や団体と共催にて、高いレベルのスポーツに触れる機会の提供や著名な講師の指導など、よりベネフィットの高い企画とし、スポーツへのモチベーション向上を図る。

スポーツキャラバン
学校等の教育現場に専門的指導が可能な講師を派遣することで、受入側の課題解決を図りつつ、子どもたちに上達する喜びを伝え運動に対する苦手意識を改善する。今年度は「走る」ことをテーマに「かけっこ教室」と「持久走教室」の二軸にて実施する。(スポンサー獲得により、今年度より共同事業展開)
スポーツツアー
プロの試合やショーなど、一流のプレイを見せることでスポーツへのモチベーション向上を図るとともに、会場の一体感や熱気を共有することでスポーツの持つ力を再発見する。併せて、同競技の選手やコーチ陣による交流会やスポーツ教室を実施し、より印象的な企画を目指す。
スポーツクリニック
各種競技のアスリートや指導者によるスポーツ教室を開催し、技術の向上と競技を続けるモチベーションにつなげる。単一競技型と複数競技を組み合わせる複合型の両軸にて展開する。企画により、初心者向けの体験教室、経験者向けのレベルアップ教室に分けて実施する。

支援事業

スポーツチームや協会・連盟等に対し、それぞれの競技の普及振興、地域活性を目的とする等、当財団の活動理念と親和性の高い体験会、クリニック、スポーツイベント等の実施について、当財団主催、もしくは協力事業として物的あるいは金銭的支援をおこなう。