ページ内を移動するためのリンクです。

イベントカレンダー

「Nā Kama Kai」 in WATERMAN LEAGUE
※このイベントは終了しました

「Nā Kama Kai」は子どもたちに海の安全と環境保全の意識向上を伝えるプログラム。マリンスポーツ体験や着衣泳などが学べる素晴らしい機会です。
ハワイで生まれたこの活動は、世界に広がっており、逗子海岸でおこなわれる「WATERMAN LEAGUE World Series VICTORIA CUP HAYAMA」と同時開催にて実施されます。ぜひ、ご参加ください。
 
Na Kama Kai_surfing_14.JPGのサムネイル画像 Na Kama Kai_surfing_08.JPGのサムネイル画像
Na Kama Kai_SUP_01.JPGのサムネイル画像 Na Kama Kai_SUP_12.JPGのサムネイル画像
Na Kama Kai_cyakuiei_05.JPGのサムネイル画像 Na Kama Kai_cyakuiei_02.JPGのサムネイル画像
 
☆☆追加告知☆☆
今年の「Nā Kama Kai」では、オーシャンアスリートの荒木汰久治さんがオーガナイザーとして参加してくださいます!
海洋講座では、ご自身の体験を踏まえて、子どもたちに熱いメッセージを送っていただきます。
 
【荒木汰久治プロフィール】
 荒木汰久治(あらきたくじ・41才)
荒木汰久治_クレジット.jpg
モロカイ-オアフ海峡横断レース(通称M2O)にて過去17年に渡りサーフスキー、アウトリガーカヌー、プローンパドルボード、そしてSUPと種目を問わず計32回、連続出場するオーシャンアスリート。その傍らで多くの海洋冒険にチャレンジする。現在は三児の父として子供達の競技指導をしながら、つい先月末開催されたM2Oで日本人歴代初の一桁順位という快挙を達成。
 
1996年、全日本ライフセービング選手権サーフスキー部門優勝(3連覇を含む優勝4回)
1998年、M2Oサーフスキー日本人で初完走
2002年、M2Oプローンパドルボード9位、M2Oサーフスキー3時間59分 ※Surfski日本歴代最高タイム
2003年、パドルボードで日韓縦断
2005年、沖縄伝統サバニ”海人丸”で沖縄→愛知万博、人力航海
2007年、ハワイ古代伝統航海カヌー”ホクレア号”でハワイ→日本航海
2011-12年、沖縄→奄美、奄美→沖縄、SUP列島縦断
2012年、M2O一人乗りアウトリガーカヌー3時間53分。※日本歴代最高タイム
2015年、M2OアンリミテッドSUP5時間42分、世界7位。※日本歴代最高順位

日時 2015年09月06日(日)
場所

逗子海岸(渚橋前)

京急「新逗子」駅より徒歩10分、JR「逗子」駅より徒歩20分程度

※周辺に駐車場は多くありませんので、公共交通機関でお越しください。

参加費

無料

募集要項
【日 時】
午前の部 8:30~12:15 (受付 8:00~)
午後の部 12:45~16:30 (受付 12:15~)
【場 所】
逗子海岸(渚橋前)
【対 象】
6~9才児、水泳経験者 ※自分で泳げることが必須です
【募集人数】
各回30名 (合計60名)
※全国公募ですが、逗子市、葉山町在住者優先枠 各10名を設定いたします。
※応募多数の場合は抽選となります。
【概 要】
●海洋レクチャー
●マリンスポーツ体験
(スタンドアップパドル、ロングボードサーフィン)
●着衣泳体験 (水難事故から身を守るために効果的な訓練)
●ビーチクリーン
【持ちもの】
水着、帽子、濡れてもよい靴(着衣泳用)、タオル、着替え
※昼食の用意はございません。
【ご注意事項】
●日焼け対策(帽子、日焼止めなど)は、各自で実施してください。●「Nā Kama Kai」の様子は写真や動画を撮影させていただきます。撮影データは主催者ならびに協力企業、団体等の広報広告活動に使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。●保護者の方は緊急の際に連絡が取れるよう携帯電話をお持ちのうえ、会場近くでご見学ください。●主催者は傷病や紛失、その他の事故に対し、応急処置・レクリエーション保険によるものを除いては一切の責任を負いません。●応募多数の場合は抽選となります。参加者(当選者)にのみ、当日の詳細を8月20日までにメールでご連絡いたします。
申込み方法

【申込期日】 8月10日10:00必着 

募集要項をダウンロードいただき、必要事項をメール・FAXで送付いただくか、下記「申込みフォーム」よりお申込みください。

NaKamaKai_募集要項.pdf

このイベントに申し込む