ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

2012年第5回スペシャルオリンピックス 日本冬季ナショナルゲーム・福島

【イベント報告】
日時:2012年2月10日(金)~12日(日)
場所:沼尻スキー場、磐梯熱海アイスアリーナ、猪苗代町総合体育館「カメリーナ」


「心強く、心豊かに、心ひとつに 心うつくしまふくしま」を大会スローガンに2012年 第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島が開催されました。
スペシャルオリンピックスとは、知的発達障害の方々がスポーツプログラムの成果を発表する場となる全国大会です。今大会は、2013年に韓国江原道・平昌(ピョンチャン)で開催される「2013年 第10回スペシャルオリンピックス冬季世界大会」の日本選手団選考も兼ねる大事な協議会でもあります。
約900名の選手団が参加し、真剣な戦いを繰り広げました。

A63O0125.JPGのサムネイル画像A63O0423.JPGのサムネイル画像A63O0659.JPGのサムネイル画像A63O0786.JPGのサムネイル画像A63O7763.JPGのサムネイル画像A63O8234.JPGのサムネイル画像
ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーションでは、多くの企業・個人の皆さまのご協力のもと、大会運営のためのご寄付をさせていただきました。ご賛同いただきました皆さま、誠にありがとうございました。ご協力いただいた企業は下記の通りです。

株式会社アシックス、アディダスジャパン株式会社、アメアスポーツジャパン株式会社、株式会社K2ジャパン、株式会社ゴールドウイン、株式会社デサント、豊田通商株式会社、株式会社ナイキジャパン、株式会社ナイキジャパン ゴルフ、株式会社フェニックス、プーマジャパン株式会社
(敬称略、順不同)

また、以下、たくさんの企業さまに募金箱設置のご協力をいただきました。 皆さまから募金いただいた763,799円は、大会実施のために利用させていただきました。重ねてお礼申し上げます。

福島テレビ株式会社、株式会社福島中央テレビ、テレビユー福島、株式会社福島放送、株式会社エフエム福島、株式会社ラジオ福島、福島民報社、福島民友新聞社、株式会社繊研新聞社、株式会社福島銀行、株式会社大東銀行、郡山信用金庫、福島県商工信用組合、株式会社ヨークベニマル、株式会社ダイユーエイト、株式会社リオン・ドールコーポレーション、株式会社幸楽苑、株式会社オートデンソーマルヤマ、山口薬品株式会社、有限会社青木商店、株式会社かんの屋、株式会社柏屋、福島市商店街連合会、郡山商工会議所、磐梯熱海温泉旅館協同組合、郡山シティホテル、チサンホテル郡山、郡山ビューホテル株式会社、ホテルロイヤル郡山、ホテルリッチフィールド郡山、ハマツ観光株式会社、ホテルプリシード郡山、郡山ワシントンホテル、社団法人 郡山青年会議所、郡山自動車学校、西部自動車学校、国立大学法人福島大学、日本大学工学部、株式会社GlobalAssist、トヨタカローラ福島株式会社、ネッツトヨタノヴェルふくしま、福島トヨペット株式会社、株式会社大友パン店、中華料理登龍園、千年満開、有限会社ワールドカッター、めし処美乃田、BARラ・ルー、寿めしや、株式会社エヌジェイアイ、メディアファイン、ダイニング石井、有限会社佐藤石材店、郡山清興株式会社、アルチスタ、陣太鼓パートツウ、郡山駅前テナント会、株式会社AC福島ユナイテッド、そば処森、郡山ロータリークラブ、手打ち生そば丸嘉、とんかつうえの、郡山西ロータリークラブ、菅家惣一郎公認会計事務所、磐梯熱海温泉旅籠松柏、Cafe Circolo、ヤマザキショップあさかホスピタル店、株式会社LIXIL東北支社福島支店、ゼビオ株式会社、株式会社ヴィクトリア、株式会社ゴルフパートナー、下村満子の生き方塾、桑田真澄氏講演会