ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

USF Sports Camp in 滋賀: Day 3

USF Sports Camp in 滋賀: Day 3 イメージ

滋賀県立命館大学びわこ・くさつキャンパス内で開催しました「USF Sports Camp」の3日目は、バレーボール・サッカー・ドッジボールのスポーツ大会を行いました。

朝はスポーツ大会に向けて、仲間を応援するチア作りと作戦会議を行いました。チアはグループ名・グループカラーにちなんだものとなり、手拍子を付けて練習しました。

チア作り2015092201.jpg チア作り2015092202.jpg

スポーツ大会は、バレーボール・サッカー・ドッジボールとどれも白熱した試合となりました。この2日間、トップアスリートから学んだことを思い出しながら一生懸命、正々堂々と戦いました。クリニックの時には上手にできなかった子も、バレーボールのサーブが入ったりサッカーのシュートが決まり、仲間とハイタッチをして喜びました。またグループが負けている時は互いにチアで励まし合いました。

▼バレーボール大会の様子

バレー大会2015092203.jpg バレー大会2015092201.jpg 

バレー大会2015092202.jpg バレー大会2015092204.jpg

▼サッカー大会の様子

サッカー大会2015092202.jpg サッカー大会2015092201.jpg

サッカー大会2015092203.jpg サッカー大会2015092206.jpg

▼ドッジボール大会の様子

ドッジ大会2015092201.jpg ドッジ大会2015092204.jpg

ドッジ大会2015092205.jpg ドッジ大会2015092206.jpg

スポーツ大会の後は、この3日間を振り返りグループ内で感想を発表し合い、閉会式ではスポーツ大会の優勝グループの発表と個人賞の表彰を行い、最後は一人一人に修了証と参加賞の授与を行いました。最後は共に3日間過ごしたグループリーダーのお兄さん、お姉さんがハイタッチをして送り出してくれました。

閉会式2015092204.jpg 閉会式2015092203.jpg

閉会式2015092205.jpg 閉会式201509206.jpg

閉会式2015092207.jpg 閉会式015092209.jpg

スポーツを通じて共に過ごした3日間。一緒に課題を乗り越えることで、絆を深め新たな仲間となりました。「USF Sports Camp」の特別ねプログラムを体験し、性別や年齢、国籍を超えた交流が一人一人のソーシャルスキルを高め、世界観を広げてくれました。また、相手を思いやる大切さや仲間との協力の重要性など、コミュニケーション能力も高めることが出来ました。

参加者のみなさん、ボランティアスタッフとして参加してくださったみなさん、立命館大学の職員のみなさん、3日間本当にありがとうございました。


【趣旨】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATIONが主催する「USF Sports Camp」では、トップアスリートや指導者の直接指導のもと、子どもたちが様々なスポーツを体験します。アクティビティや各種競技のクリニックを通して、スポーツの楽しさを再発見するとともに、自分自身の能力や関心を見つけ出す機会を提供します。
また、アスリートの体験談や各国から集まったスタッフによる海外スポーツ環境の講話、初対面の参加者同士の2泊3日の共同生活を通してソーシャルスキルを身に付けることを目指します。
 
【目的】
1. スポーツを通じた子どもの健全な心身育成
2. 自分自身の能力・関心を発見する機会提供
3. ソーシャルスキルの開発と向上
 
【主催】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION
 
【後援】
文部科学省、立命館大学スポーツ健康科学部、滋賀県、滋賀県教育委員会、草津市、草津市教育委員会、京都府、京都府教育委員会、京都市、京都市教育委員会

開催日時 2015年09月22日(火)
場所

立命館大学 びわこ・くさつキャンパス

(滋賀県草津市野路東1丁目1-1)