ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

USF Sports Camp 福島こども未来塾 Day1

福島県で「USF Sports Camp」を開催しました。今回は「福島こども未来塾」の年間9回のプログラムの中で、第6回目のワークショップとして実施しました。「福島こども未来塾」は国際交流や郷土学習など様々なプログラムへの参加を通じて子どもたちが自分自身と向き合い、また地域の人と交流しながら福島の未来について考えてもらうとこが目的とされています。
今回の「USF Sports Camp」では福島県内の小学校5~6年生、中学1~2年生41名が集まり、トップアスリートからの直接指導のもと4つのスポーツ(バスケットボール・セパタクロー・ラグビー・野球)に挑戦しました!
 
受付のあと2グループに分かれ、3日目のスポーツ大会で戦うグループの名前を決めました。その後、開会式では当財団代表理事諸橋寛子より挨拶がありました。
開会式2017100705.JPG 開会式2017100704.JPG
開会式2017100702.JPG 開会式2017100703.JPG
1日目、元日本代表選手である宮ノ腰達也さんによるバスケットボールクリニックと、元日本代表選手である矢野順也さんによるセパタクロークリニックを行いました。
 
バスケットボールクリニックでは、まず宮ノ腰さんと「ルールを守ること、恥ずかしがらないこと、全力でやること」を約束した後、頭と体を使ったボールゲームや、チーム対抗ドリブルリレーをして、仲間達と盛り上がりました。
バスケットボール2017100701.JPG バスケットボール2017100702.JPG
バスケットボール2017100707.jpg バスケットボール2017100704.JPG
バスケットボール2017100708.JPG バスケットボール2017100711.JPG
セパタクロークリニックでは、セパタクローの歴史・語源を学び、入念なストレッチで体を温めました。そして「シザースアタック」に挑戦!目の前で現役日本代表の佐藤優樹選手のデモンストレーションを見せてもらい、子供達は大興奮!セパタクローの魅力に触れることができました。
セパタクロー2017100701.JPG セパタクロー2017100704.JPG
セパタクロー2017100702.JPG セパタクロー2017100705.JPG
セパタクロー2017100706.JPG セパタクロー2017100712.JPG
夜は最終日のスポーツ大会で使用するオリジナルのチア作り。友達を元気づける言葉を出し合った後、出てきた言葉を繋げ、更にリズムや歌にのせてオリジナルの‟チア”を作りました。どちらのチームも素晴らしいチアが完成!応援点を獲得をするため、一生懸命練習しました!
チアづくり20171007 (4).JPG チアづくり20171007 (6).JPG
チアづくり20171007 (11).JPG チアづくり20171007 (12).JPG
 

【趣旨】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATIONが主催する「USF Sports Camp」では、トップアスリートや指導者の直接指導のもと、子どもたちが様々なスポーツを体験します。アクティビティや各種競技のクリニックを通して、スポーツの楽しさを再発見するとともに、自分自身の能力や関心を見つけ出す機会を提供します。
また、2泊3日の共同生活を通してソーシャルスキルを身に付けることを目指します。
 
【目的】
1. スポーツを通じた子どもの健全な心身育成
2. 自分自身の能力・関心を発見する機会提供
3. ソーシャルスキルの開発と向上
 
【主催】
独立行政法人国立青少年教育振興機構
 
【主管】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION
 
【協賛】
公益財団法人東日本大震災復興支援財団
 
【後援】
文部科学省、福島県教育委員会、猪苗代町
 
【協力】
コカ・コーライーストジャパン株式会社
福島県ラグビーフットボール協会
 
「USF Sports Camp 福島こども未来塾」は公益財団法人東日本大震災復興支援財団のプログラムとして行いました。
◆福島こども未来塾について
 
 

開催日時 2017年10月07日(土)
場所

会場:国立磐梯青少年交流の家

  (福島県耶麻郡猪苗代五輪原7136-1 )

        川桁体育館

  (福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁字長町3480) 

宿舎:国立磐梯青少年交流の家