ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

USF Sports Camp in 徳島: Day 1

徳島県では4回目となる「USF Sports Camp」を開催しました。
今回は2泊3日のプログラムとし、徳島県内の小学校3~6年生が集まって交流を深めるとともに、様々なスポーツクリニックやアクティビティを体験しました。

初対面同士の子どもたちは自己紹介のあと、アイスブレーカーで緊張をほぐし、あっという間に打ち解けました。

開会式では、当財団代表理事・諸橋からの挨拶のあと、3日間共に過ごすグループで気合を入れ合いました。

開会式20180803 (1).JPG 開会式20180803 (2).JPG


開会式のあとは、元プロサッカー選手 阿部一樹さんのサッカークリニックと、元日本代表の山内美加さんによるバレーボールクリニックを行いました。

サッカークリクックは、まずは基本となる二人組でのパスからスタート。ボールを使ったゲームでは、指定された場所の中にいくつボールを残せるか、というカーリングのようなゲームを教えていただきました。勢いと強さを考えて蹴るいい機会となりました。試合形式のゲームでは、自分からボールに触りに行く積極性が大事だと学びました。阿部さんの面白く楽しい指導に、初めてサッカーをやる子も笑顔が溢れていました。

サッカー20180803 (1).JPG サッカー20180803 (2).JPGサッカー20180803 (3).JPG サッカー20180803 (4).JPGサッカー20180803 (8).JPG サッカー20180803 (5).JPG 

バレーボールクリニックでは、みんなで手の形を確認した後、ボールを使ったゲームを通じて基本姿勢を教えてもらいました。その後、グループで円になってラリーを行いました。どうしたら長く続けられるかを考え、元気に声を出しながらみんな必死にボールを追いかけていました。また、ひとりひとり山内さんより元日本代表のレシーブを受け、スピードの速さに子供達は、目を丸くしていました。最後に行なった試合は大変盛り上がりました。

バレーボール20180803 (1).JPG バレーボール20180803 (3).JPGバレーボール20180803 (9).JPG バレーボール20180803 (6).JPGのサムネイル画像バレーボール20180803 (7).JPG バレーボール20180803 (2).JPG

夜はスポーツ大会に向けて、グループで作戦会議とグループの仲間を応援するチア作りを行いました。外国人ボランティアから英語を教わり、グループが勝っているときのチアと負けているときのチアを作りました。それぞれのグループのチアは、グループカラーにちなんだものとなり手拍子をつけて練習しました。

チア作り20180803 (2).JPG チア作り20180803 (3).JPG

 

 参加者募集FBlogo20180613.jpg 
参加者募集instaguramlogo20180613.jpg

【趣旨】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATIONが主催する「USF Sports Camp」では、トップアスリートや指導者の直接指導のもと、子どもたちが様々なスポーツを体験します。アクティビティや各種競技のクリニックを通して、スポーツの楽しさを再発見するとともに、自分自身の能力や関心を見つけ出す機会を提供します。
また、アスリートの体験談や各国から集まったスタッフによる海外スポーツ環境の講話、初対面の参加者同士の2泊3日の共同生活を通してソーシャルスキルを身に付けることを目指します。
 
【目的】
1. スポーツを通じた子どもの健全な心身育成
2. 自分自身の能力・関心を発見する機会提供
3. ソーシャルスキルの開発と向上
 
【主催】
一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION
 
【後援】
スポーツ庁、徳島県教育委員会、海陽町
                                        
toto_logo_tate_color.jpgSFT_logo26_0930_1.jpg     

開催日時 2018年08月03日(金)
場所

まぜのおかオートキャンプ場

(〒775-0101 徳島県海部郡海陽町浅川字西福良43)