ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

自分にできるすべてのことを

バドミントン界の
フロントランナーが挑む
新たなステージ

元バドミントン選手池田 信太郎

30年以上の間、夢中で走り続けてきたバドミントン人生。2015年9月に現役を引退し、今、新たな舞台でバドミントンの素晴らしさを伝える仕事に精力的に取り組んでいる。世界選手権での日本人男子初のメダル獲得、初のプロ契約、BWF(世界バドミントン連盟)アスリートコミッションへの日本人初の立候補によるトップ当選など、「初」の文字がいくつも刻まれた先駆者としての足跡を辿りながら、これからの夢を語ってもらった。

「やりきった」といいきれる選手時代

引退してから3ヶ月。今の心境は「すべてやりきった。という一語につきますね。だから選手に戻りたいとはまったく思いません(笑)」と清々しい笑顔できっぱりと言い切る。「唯一、オリンピックでメダルが獲れなかったことは心残りですが、選手として伝えたかったことも、足跡を残すことも、自分にできることはすべてやったと心から言い切ることができます。だから、今は現役ではできなかった新しいことに挑戦するのが楽しくてしかたがないんです」と常に前だけを見つめてきた池田スタイルは現役時代と変わらない。

選手時代から伝えたかったことは、「バドミントンの楽しさ」だという。「もともとは自分が競技で成績を残すことに精一杯で、誰かに何かを伝えたいなんて考えたことはありませんでしたが、25歳で初めて日本のタイトルを獲得したときに、ぱっと客席を見上げたらお客さんが少なかったんです。その時、なんでこんなにお客さんが少ないんだろう、もっと多くの人にバドミントンの楽しさを知って欲しいなと思うようになりました」それをきっかけに、試合に勝つことだけでなく、バドミントンの魅力をどうしたら知ってもらえるのか、少しでも自分が果たせる役割がないかを考えるようになっていった。

日本でのバドミントンの競技人口は、サッカーや野球よりも多いといわれているものの、競技場まで足を運んで観戦してくれる人はまだまだ少ない。「実はバドミントンは世界最速の球技なんですよ。マレーシアの選手が出した時速493キロメートルというスマッシュスピードはギネス記録として認定されています。実際に試合を目の前で見ていただくと、その迫力にきっと驚かれると思います。あっと言う間に局面が変わる試合展開も見所です。でも集客面では課題が多いというのが現実ですね」

これからは観に来てくれるお客さんが楽しめるような運営の仕方をしていく必要があると続ける。「野球やバスケットなどは、エンターテインメントとしても楽しめるさまざまな仕掛けや努力をされている。でもバドミントンではまだまだそうしたところで足りないなと思います。会場に来てくれただけで、何かドキドキワクワクするようなおもしろい企画や演出をしていきたいんです」そうした試みのひとつとして、ショッピングモール内にコートを設置し、ワールドツアーのような雰囲気を味わいながらバドミントンを体験できるイベントを行うなど、精力的な活動を続けている。「会場は必ずしも体育館でなくてもいいと思うんです。外に飛び出して異空間でプレイするとまた新しい発見があるかもしれない。そんな柔軟な発想で多くの人たちと新しいバドミントンの価値を創っていけたらいいなと」そう熱く語る姿には、現役時代から抱き続けるバドミントンを盛り上げていきたいという想いが溢れ出る。

ちなみに、引退後に一番したかったことは何ですか?という問いに、「仕事がしたかった」と即答する。「もともと北京オリンピックに出場してメダルを獲るという目標を達成したら、早く仕事がしたいと考えていました。当時所属していた日本ユニシス実業団のバドミントン部で広報的なマネジメントもしていたので、チームのブランディングやマーケティングといったことをしていきたかったし、入社以来ずっと競技に専念させていただいていましたから、同期から5年近く遅れていたということもあって、早く彼らに追いついて会社の仕事に打ち込みたいという気持ちも強かったですね。それで次に何かしたいことが見つかれば、それを目指していこうと。とにかく引退後はビジネスの世界で勝負がしたいと常に考えていました」オリンピックを目指していたトップアスリートとしての一面と、社会人として自らを俯瞰で見ることができる冷静さ、そのバランス感覚こそが今、そしてこれからの池田さんの最大の武器でもある。