ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

今できることをどれだけ精一杯
やるかっていうことでしか、
未来は生まれない

フェンシング界日本史上初の快挙を果たした選手が
協会の会長として考えるスポーツのこれから。

公益社団法人日本フェンシグング協会会長太田 雄貴

2008年の北京オリンピックで、日本史上初となるメダル(銀メダル)を獲得した太田さんは、今、日本フェンシング協会の会長として、フェンシングの普及はもちろん、協会の運営体制や資金面の強化などに積極的に取り組み、様々な改革を起こしている。
小学3年生でフェンシングを始めた太田さん。リオオリンピックを最後に現役を引退するまでの選手生活について、そして、それを経て協会の会長となった今感じる日本のフェンシング界について話を伺った。

引退宣言、その時

聞き手 引退宣言されたのが2年前。改めて振り返ってどんな気持ちがあったのでしょうか?

太田 やめると思ってリオオリンピックに行きました。続けるっていう選択肢は無かったですね。
やりきったなというのと、最後のオリンピックで、思った成果が上げられなかった自分への失望と、すごく残念な気持ちとすがすがしい気持ちが半々に交ざるような、そんな感じですね。

聞き手太田さんは小さい頃から勝ち続けているイメージがあって、プレッシャーみたいなものもあったのかなと思ったんですが。

聞き手確かに。でも、そもそもプレッシャーがあること自体幸せな話で、人から期待されない状態で勝っても意味ないんじゃないかな~って思うんですよ。
勝って当然、勝たなきゃいけない局面で勝てるか、決めなきゃいけない局面で決められるか、人の期待を超えていけるような成果をどう上げて行くかっていうことが、自分が生きているって実感する一番の瞬間だと思うので、僕はプレッシャーをいやだと思ったことはあんまりないですね。 まあ、試合の前の日寝られないとか、逃げ出したいとか、辛いとかってあるんですけど、僕、結構忘れっぽい性格なんで、現役の頃の苦しかった記憶とかって一個も無いんですよね。
リオオリンピックの敗戦ですら良い思い出で、良い経験させてくれたなと思っているので (笑)


聞き手負けたことさえ良い経験。どういうところにそれを感じるんですか?

太田 負ける辛さとか、人の痛みが分かったこともあります。あとは、勝ち負けにただ依存しているというよりは、フェンシングが好きかどうかを確認する場所でもあったと思っています。
フェンシングが好きなだけであれば、勝ち負けだけじゃないはずなのに、いつしか僕たちは勝つことだけを考えて、競技そのものの魅力とかを見失いがちだったりするだと思うんですよね。
そういう中で、完全に僕は勝負事の中で生きてしまっていたなという部分を、改めて感じたりとか、じゃあ、改めて「フェンシングの魅力ってなんだっけ?」っていうのを考えた2年でしたね。