ページ内を移動するためのリンクです。

リーダーたちの未来図

スポーツの素晴らしさは、多様な人々が仲間になれること

諸橋石原さんはウエイトリフティング部とライフル射撃部の指導者を務めていらっしゃいますが、以前から何かスポーツをされていらしたのですか?

石原氏小学生時代に野球をしていました。強豪チームで、監督はバリバリの勝利至上主義、今の時代には想像できないような厳しい練習の日々を送っていました。

諸橋私たちが子どもの頃はしごきのような練習が普通でしたからね。スポーツに関するエピソードをご紹介いただけますか。

USF 代表理事 諸橋 寛子

石原氏チームワークとは何かを学びました。当初は自分が試合に出られればいいと考えていたのですが、やっぱり自分だけでは試合は勝てないですし、チームの一人として参加できる腕前にならないと勝利にも貢献できない。そういうことを少しずつ学んだことが今、社会で役に立っているのかなと思います。あとは限界まで努力するという体験が自分を成長させてくれるということですね。仕事でもスポーツでも自分の限界まで頑張れたという経験が自信に繋がって、次にはもう少し限界点が上がっている。そうしているうちに胆力っていうのかな、気合いが備わっていくような気がします。

諸橋スポーツで培った精神力や自信、仲間とのチームワークやコミュニケーション能力は、社会に出てから役立つことがたくさんありますよね。今も野球は続けていらっしゃるんですか?

石原氏時間が許す時には地域の少年野球チームのお手伝いをしています。自分の子どもの頃と違って、このチームの監督やコーチは安全、人格形成、野球の上達をバランスを取りながら指導なさっていて、非常に勉強になります。不思議なもので、子ども達が成長する姿を見ながら、自分自身ももっともっと野球が上手くなりたいという意欲がフツフツと湧いています。実は生まれ変わったら、もう一度本気で野球をやってプロ野球選手になりたいと思っているんですよ(笑)。

諸橋永遠の野球少年ですね(笑)。最近、スポーツの指導方法もどんどん進化していますが、ご自身がウエイトリフティング部とライフル射撃部の指導者として、心がけていらっしゃることはどんなことでしょう。

石原氏常にスポーツの普遍的な素晴らしさを確認するように心がけています。具体的には、多様な人々が仲間になれること、切磋琢磨しながらチーム全体で成長していけること、自分の決めたことをやりきる中で自分と向き合えることですね。そのうえでチームの成長や勝利に向けて的確な目標設定をし、各選手の夢を実現できるような指導者でありたい。選手の良いところを褒めることによりモチベートする指導者。仕事においてもそうですが、一人ひとりの自主性を発揮できるように促し、成功を支えることができるリーダーを目指しています。